FC2ブログ

モツ鍋フィーバーより誕生。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------------- スポンサー広告 :

きちんとした感想

というわけで(?)、発売から一ヶ月近く経ったのですが、予告通り『巡ル結魂者』一巻の感想を書きたいと思います!

他にも色々なことやらないとなーと思いつつ、気がつけば九月なんですよね…。個人的には、忙しさ継続中なので、『女神未来(上)』発売が来月に延びて良かったなと思ってます。

さて、詳細な感想は続きからです!

久々の新シリーズ、安心と安定の秋田先生仕様で面白かったです。魔法代わりの謎の技術・リンカ、個性爆発なキャラ、シュールでナンセンスな会話劇、秘密がありそうな世界やキャラの過去など。
ものすごい簡単に表すと、「異世界召喚+女の子いっぱい学園モノな、“最近流行ってるらしい、いわゆるラノベ”を、秋田先生が書いてみたらこうなった」という感じです。

ただし、主人公の男の子が冷静で賢いイケメンな航斗くんなので、安心して読めました(笑)。サービスショットでお色気シーンもたくさんあるのですが、秋田作品の男性らしくウホッとなったりしません。
オーフェンといい、アイネストやシャンク、ウィリアムといい、女の子の裸を見てもラッキー♪ とならないですよねー、彼らは。

一応、淡々とした文体を補うかのように、イラストはサービスシーンを頑張ってますけどね! シスターや教師っぽい格好を、ああやって露出多めに描くんだなと思いました。
中には、美少女キャラのアップより背景や別のキャラが見てみたかったなというシーンはありました。

既刊だと、雰囲気は「シャンク」や「スペル・ブレイク・トリガー」に近いと思いました。アクの強い学園の生徒たちはいても、オーフェンっぽさは感じなかったです。《牙の塔》は、校長や箱先生みたいな教師はいませんでしたしねー。

おちゃらけていても人間味のあるメイ、健気でお父さんとの関係も気になるテイカ、部屋の片付けのできないところが妙にリアルなトアコ先生、可愛げのあるエコ&ハナ&アズラなど、航斗の仲間たちとの関係も良いなと思います。
あと、キャットリンカの描写で、秋田先生ってホントに猫好きだなーと(笑)。また、テイカのように“強大な力を持つこと”への恐れや悩みをみると、他作品でも語られるテーマ「力を持つ=制御しなければ最強とはいえない」とも通じるなと思いました。

怪談仕立ての後書きといい、あまりにも“相変わらず”な秋田作品であるので、正直ナウなヤングに受けるのだろうか? という疑問はありますが、今後も楽しみです。
スポンサーサイト
2013-09-23-18-57 作品感想 : コメント (0)件
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

リセ

Author:リセ
『オーフェン』後日談連載がきっかけで誕生。秋田禎信作品の二次創作や感想など。

リンクフリーです。諸連絡は各ページの拍手などでお願いいたします。

最新記事
twitter
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。